読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生存戦略ではなく、自分を生きるために夢を見る。

おばんです。はるです。

 

感情が分からなくなってきている系女子のはるです。

 

 

f:id:harrry_u:20170201012937p:image

 

いつ自分が楽しいのか

いつ自分が悲しいのか

いつ自分が辛いのか

いつ自分が怒っているのか

 

 

気付けば見えないところに積もり積もっていて、

目を向けたら最後。

雪崩のように襲いかかってくる感情たち。

こんなにも自分は自分にヘルプを出していたのだと知る。

 

喜怒哀楽の欠けた生活は、単調に進んで行く。

けれど、必ずどこかで小石にぶつかる。

普通なら蹴飛ばして進めるような、わずかな障害。

ただただ足を前に出す歩み方では、そんな些細なものに躓く。

 

 

 

感情が分からないわたし。

 

些細なことに躓くわたし。

 

 

考えすぎているのも分かる。

直感や感覚が麻痺しているのも分かる。

でも、どうしたらいいのかは分からないし

どうしたいのかも分からない。

 

 

辞めたい。

なにを?

分からない。

 

なにを辞めたらいいのか分からない。

 

 

 

 

 

▽大学を卒業したい。

▼どうして?

▽面倒を避けるため。

▼どうして面倒を避けるの?

▽…

 

▽大学を辞めたい。

▼どうして?

▽大学に通う意味が分からない。

▼どうして通う意味が分からないの?

▽大学の講義に意義を感じない。

▼どうして大学の講義に意義を感じないの?

▽本を読めばすむことばかりだから。

▼どうして本を読めばすむことばかりだと思うの?

▽…

 

▼整理すると、自分の中に"理想とする大学講義の姿"があって、現実との違いに嘆いているってことだよね。

 

▼君にとっては、大学を卒業するか辞めるかが問題なんじゃなくて、理想と現実のギャップに押し潰されそうになっているだけなんだよね。

 

▼でも、よく考えて欲しい。

君の追い求める理想は、心からの願いかい?本当に、貴重な今この時間を使ってでも叶えたいものかい?

なんとなくで流れ着いた先に、理想郷を思い描いただけなんじゃないかい?

 

▼どんなことにも理想を持つのは悪いことではない。

けれど、それはあくまでも自分にとっての理想であって、周りの人にとっての理想ではない。自分の理想通りにしようというのは、あくまでも自分の手で変えられる範囲内でしか行えないし、それ以上は自分にとっても周りにとっても害にしかならない。

 

▽…

 

▼そもそも出発点がおかしい。自分のやりたいこと、自分の好きなこと、そう問われると、自分の現状と比べて「ああがよかったな〜」「もっとこうだったらいいのにな〜」と希望を述べる。

そこが違うんだ。

 

▼今の現状から逃避するための指針は、いつだって現状の逆を行く。現実では変えられないことが多い中、逆を行くということはたくさんのことが自分の手で変えられる、そんな叶えられない夢を見ることだ。

叶えられる夢を見る人は、現状の先に夢を置く。それは、叶えることが目的だからだ。逃避することが目的の夢は、現状の逆にある。だから叶えられない。

つまりは、そもそも君の夢は夢なんかじゃない。

 

▽…夢じゃ、ない?

 

▼そう、夢じゃない。

たしかに叶えたいことなのかもしれない。けれどそれは夢とは呼ばない。

 

▼夢じゃないならなんなのか?本能だ。生きるための、生存戦略だ。恥じることはない、むしろ生きるために必要な立派な行為だ。しかし、それは夢ではない。

 

▽……生きるために叶えたい。けれど、それは夢じゃない。

 

▼そう。夢じゃないんだ。そもそも逃避は夢見ずともいつでもできる、人生の選択肢の一つでしかない。

じゃあ、やりたいことや好きなことはどうやって見つけるのか。それは、"なんでもできる状態で何をするか"だ。

閉鎖空間の中では自然と解放の方向へ流れる。息が詰まりそうな狭く暗い個室に耐えきれず、光や新鮮な空気を求め窓やドアを開けたくなるような、そんな感覚。さっきの話のように、現状から逃避したいと願う場合は解放されることを望むわけだ。生きるために。

 

対して"なんでもできる状態"の要は、万能感だ。何者にも何事にも縛られず、自由な環境のこと指す。すると、何も望まなければ何も生まれない。

 

 

▼だから君は、生を全うするために、ただ生きるだけではなく自分を生きるために、考える。

 

ぶっちゃけると、君を閉じ込める閉鎖的な空間なんて存在しないんだ。それは、傷つくのを恐れた君が作った、防衛本能。生きるための、まやかし。生存戦略さ。

確かに生存戦略は大事だ。君は生きなければならない。そのためには生きる戦略を立てなければならない。

けれど、よく考えて欲しい。その戦略は、本当に必要かい?

生きることはそんなに難しいことかい?

 

 

目を覚ましてごらん。

 

- 見渡す限りの空と大地、解放された空間に放り込まれたようだ。

- さぁ、もう君を閉じ込める部屋はない。生きる安全も保障されている。

 

- 君は何をするんだい?

 

 

 

 

 

まる。

ぐるぐる思考回路。

おはようございます。はるです。

 

とあるはるの思考回路( ・´ー・`)

常に何かしら考えている系女の子なんですけど、

何を考えていたかはすぐに忘れるような

過去を振り返らない系でもあるので( ・´ー・`)ふへ

 

たまには整理かつ記録しようと心がけてますん。

 

 

 

それでは

 

すたーと!

 

 

 

マインドマップ

 

意志力

 

才能

 

学習欲

 

イライラ

 

責任感

 

信念

 

親密性

 

貢献

 

成長促進

 

他者貢献

 

ギバー 落ち込む

 

ボトルネック

 

思考のボトルネックを解除しよう!

 

ボトルネック見つけ方

 

ボトルネック見つけ方 教育

 

ボトルネック 目標

 

 

 

 

 

ごーる!!!

 

モヤモヤの原因は

いまいち幸せに暮らしていない他人にどう貢献したらいいのか

っていう疑問だったようです!

 

結局ね…

本人がどうなりたいのか(目標)がなければ

ボトルネックすら作れないんです。

 

解決の手助けをしようにも

悩みが特定されないのであれば残念無念また明日!

 

とりあえずは、わたしは、そんな人たちに

「つまり、今後どうなりたいの?」と

問い続けてみようかなって思いました。

 

 

 

おしまい!まる!

【定期】悔しい思いのこもったついったまとめ

おはようございます。はるです。

 

定期的にあげてるついったまとめ。

 

 

 

 

 

 

いよいよ卒業を控えた試験シーズン。

 

なぁ、みんな大学卒業って簡単だった?

どんな気持ちだったんだい?

 

 

私はいま、

どんな気持ちかって?

 

めっちゃつれーよ。

めちゃんこつれー。

泣きそー。笑

 

でも、思った。

 

 

こんなに辛くて悔しくて

歯を食いしばりながら泣きながらでもがんばろうとしてる自分。

最悪で最高に滑稽だなって。

 

 

 

 

なんでもっと講義を、というか教授たちと関われる機会や時間を大事にしなかったんだろうとか、

なんで自分のちっぽけなプライドばっかり気にして過ごしてきたんだろうとか…

 

 

 

めっちゃ、悔しいよ。

 

 

でも悔しいって気持ちほど

成長促進に繋がるものはないんだって実感してる。

 

 

 

 

…なんにも詳細はなしてないから

なんのことやwって感じかもしれないけど笑

 

そういうことなのよっ。笑

 

 

 

 

絶対に負けない。

卒業してみせる。

 

 

 

 

 

 以下、まとめ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前二時、残念ながら踏切に望遠鏡を担いではいきません。

真夜中の交差点には、今日も彼女がいた。

「…その恰好、寒くないの」

僕がそう聞いたところで、彼女からの返答はない。いつものことだ。

別に彼女の服装が気になるわけではない。

半袖にジーパンの彼女にかける言葉が、いつも見つからないだけだ。

真冬の午前二時に道端にいるなんて、場所が踏切で望遠鏡なんかを持っていたらいっそのこと横で一曲歌ってやるのに、残念なやつだ。

 

僕がこんな状態の彼女を見かけたのは、つい二週間前のことだが、実のところ出会いは一年前に遡る。

と言っても、なにも面白いことはない。ただ、二年への進級のタイミングで行われたクラス替えの結果たまたま同じクラスになり、そして姓名の順と言う運命なのかなんなのかによってたまたま席が隣になっただけの話である。

彼女は、俗にいう、人気者だ。

休憩時間は彼女の周りに人が集まり、彼女もにこやかに返している。気が強いわけでもなく、でも弱いわけでもない。周りに対してのかわし方がうまいのだ。

こういう人は、好かれる。同級生からも大人からも、後輩からも。きっと犬や猫にだって好かれるんだろう。

そんなことはどうでもいい。

問題なのは、そんな彼女をつい二週間前に見かけてしまったことだ。

 

その日僕は姉の我儘、いや命令のため、コンビニへアイスを買いに出ていた。

言っておくが僕は普通だ。普通に友人もいて、自由時間になる度に人が集まるわけでもなく、一日誰も話しかけてこないというほど愛そうが悪いわけでもない。まあ誰も話しかけてこないというのは、彼女が隣の席な時点で成立しないのだが。

つまりは、良い意味でも悪い意味でも目立ちしていない。それが良いとも悪いとも思っていない。ただ、普通の男子高校生をしている。

そして、そのあとも簡単な話で、たまたま通りかかった交差点でたまたま彼女を見かけた。そいうえば彼女は高校進学と同時に学校の近くへ家族総出で引っ越したという。進学と引っ越しの複雑な関係などは(実は複雑でもないのかもしれないが、それも含めて)知りたくはない。必要以上に首をつっこむのは、あれだ、ナンセンスだ。そんな男はモテないさ。…と、どこかの誰かが言っていたことにしよう。

 

その時も彼女は半袖にジーパンでここに立っていた。最初は見間違いかと思ったが、彼女ほどの綺麗な顔立ちの人はここいらでは見かけない。

 

僕は観念して、隣に座った。いつものように。

彼女は、まっすぐに立ったまま、一心不乱に上を見上げている。その目に迷いはない。いつも通りだ。

首が疲れないものか。そんな心配をまったく感じさせないほど、昼間に会う彼女は、いつもと変わりがなく、笑顔を振りまいている。

だからこそ、今となりにいる彼女の様子が、際立って見える。

息をしているのかと疑いたくなるほど、彼女は動かない。動かされない。何ものにも。

ただただ、見つめ続ける。上を。月を。

 

「......ふぅ」

まったく、何がそんなに魅力的なものなのかねえ。隣で同じように上を見上げてみる。

月がある。月。満月でも三日月でもなく、僕から見れば中途半端だなあという感想がつけられる月。

同じような角度で、僕だけ缶のコーンスープを飲む。いや、まじで寒いんだって。あったかいものでも体の中に入れていないとやってられないくらい、冷え込んでいる。

今は、一月の真夜中だ。道端には雪が積もっている。夕方を過ぎてしまえば、コートなしでは家の外に出たいとすら思わない。

そんな中、見かけたのは半袖で微動だにしない彼女なわけ。生きてる死んでるよりも先に人外的な存在か?と疑ってしまった。それくらい、彼女は、…何と言えばいいのか、触れられなかった。触れたら、壊れてしまうと思った。

 

 

そういえば。

小学生低学年だったときの同級生で、月に行くことが夢だと言った女の子がいた。とても大人しく、引っ込み思案だった性格もあってかなかなか友達と呼べる存在は作れなかったようだが、その発言もその要因の一つだった。

何かがある度に、月に行きたい、私は月に行くんだと言っていた。普段話しかけてもおどおどして、あの…えっと…しか言えないくせに、そこだけははっきり言うんだもんな、みんなも手を焼いていたよ。

よく覚えている。隣の席だったから。

たしか、いつだか担任が聞いたんだよな、その子に。なんでそんなに月に行きたいのか。そいつがなんて答えたかは忘れたけど。

そういえば、夜に会うこいつ、ずいぶんと力強い目をしてんだよな。なんだか懐かしい。

聞き逃してしまった理由を聞ける日はいつになるだろうか。

長期戦になりそうな出会いになんだかむず痒くなり、それを僕はぬるくなったコーンスープでぐいっと流し込んだ。

胸くそ悪かった!しゅうかつかぞく。

おばんです。はるです。

 

就活家族 第一話見てみました( ˘ω˘ )

www.tv-asahi.co.jp

 

 

一言いうとしたら、

胸くそ悪くなるやつ(笑)

 

いや、そこが売りなんだと思うけど(´ー`)

 

いやあ、お父さんも人事として

上下から外内から求められ責められて、身を削ってがんばってるね…。

その中でも、その心意気が実を結んだ最後で、その話だけであれば好みだったんだけど...。

このお父さん、父親としては息子・娘たちと上手くコミュニケーション取れてないやないかーい!(そこ大事よがんばれよぱぱ)

 

息子は就活生として、がんばってるよ。

自分の力でがんばりたいって立派な気持ち持ってるし、30万のローンも組んだりしてるし

根は良い子なんだよね。

ただ、ちょーーーっと、不器用というか頼りがいがないっていうか...。

 

娘もあほみたいだし、母親もなんか怪しいのと若干夢の中生きてるし。

 

 

 

ということで、胸くそ悪い話でした(笑)

 

 

 

 

 

それと別件で!

 

就活が懐かしくなりましたん。( ˘ω˘ )

 

f:id:harrry_u:20170115170042j:plain

こういう、やらなければいけない仕事じゃなくて、自分で作った仕事がこれから待ってる感じ

すっごい好き。

 

( ˘ω˘ )ふふふ

 

就活もそんな気分(少しだけ)味わえたから、楽しかった!

 

 

 

 

あと、こういうのも懐かしかった。

 

f:id:harrry_u:20170115170043j:plain

謎に説教してくるやつな。

無料で就活生の相手をする人。

 

同じー( ˘ω˘ )笑

 

f:id:harrry_u:20170115170044j:plain

f:id:harrry_u:20170115170045j:plain

f:id:harrry_u:20170115170046j:plain

 

こうやって、相手の負担を減らして都合の良いように促すやつな。

 

 

 

f:id:harrry_u:20170115170048j:plain

f:id:harrry_u:20170115170047j:plain

f:id:harrry_u:20170115170049j:plain

f:id:harrry_u:20170115170050j:plain

 

心理面でも揺さぶりをかけてきます。

 

 

 

f:id:harrry_u:20170115170051j:plain

 

追い打ちに、厳しい一言をどーん!!!

 

 

 

 

いや、この話に出てきている就活塾?の人が

悪い人なのか良い人なのかは知らないけれど。

 

私が出会った企業の人は、

知り合いの知り合いだったから安全な人ではあったけれど、

でも、その仕事ぶりは納得できませんでしたん。

 

 

 

 

 

「君はこのままだったら就活をしなくなる。それが俺は怖い。だからこのまま俺についてきて」

 

→そんな不安を煽ってくる人に誰がついていくかーい!( ˘ω˘ )笑

 

 

 

 

 

「実はこの前の面談時に、これは君に合うなって確信を持ったものが2,3社あったんだ。次のイベントに出るんだ。俺はそれを君に紹介したいんだ」

 

→紹介したいなら今しろやーい!( ˘ω˘ )

ただの営業やないかーい( ˘ω˘ )笑

 

 

 

 

 

はるは、自己分析は必要のない就活生でした。性に合わなかった( ˘ω˘ )

私が自己分析をしたくないと言うと、

「自己分析しないと何も始まらないんだ。君は分かってない。このままじゃ迷子になるよ」

 

→うるせぇやい!押し付け野郎はもてねえぞ!!!( ˘ω˘ )笑

 

 

 

 

しめには、担当者ではない、最初に案内してくれた人が

メールをしてきて、facebookメッセンジャーをしてきて、(一言もなく)LINEを登録してきて。

めっちゃべた褒めされた後に、ご飯に誘われました。

 

いやいやいや、なに目的やねーんあんた!( ˘ω˘ )笑

 

 

 

 

 

 

 

まあ、いろいろあるよね。笑

 

就活は、もういいかな。

就活の姿勢を忘れずに、仕事にも毎日にも取り組んでいきたいと思わされましたん。

 

 

第二話は、どうしようかなー。

録画はするけどしばらくは見ないかも。

卒業のために大事な時期だからね、不安定な話を入れるのは揺さぶられてしまうので避けます。

試験等々終わったらまた見ますん。( ˘ω˘ )

 

 

 

 

まる。( ˘ω˘ )あでゅー。

なんの時間でつくったんだろう…?絵本。

ゲームであそぶ。

 

 f:id:harrry_u:20170114214313p:image

 

 

 

お昼のことです。

 

お花がゆれています。

 

うさぎのピコときつねのコローが何のゲームをやろうか考えています。

 

「ねえ、何のゲームをやろうか」

 

と、ピコが言いました。

 

「何のゲームをする」

 

「じゃあさきにひかるものを見つけたほうがかちのゲームやろうよ」

 

とピコが言いました。

 

「うん、それいいよ」

 

と、コローが言いました。

 

 f:id:harrry_u:20170114214321p:image

 

 

 

 

二人は、走りだしました。

 

二人は、かけだしました。

 

「あった」

 

と、二人が声をあわせて言いました。

 

「引きわけだね」

 

とコローが言いました。

 

 

f:id:harrry_u:20170114214337p:image

 

 

 

 

つぎに、また、何かのゲームをしようと考えています。

 

「こんどは、何のゲームであそぶ」

 

とピコが言いました。

 

「じゃあ、こういうゲームはどう」

 

とコンが言いました。

 

「どっちがさきに石のまわりを十回回れるか」

 

「うん、いいよ」

 

とピコがいいました。

 

「ようい、ドン」

 

二人は走りだしました。

 

ピコは、九回走って目をまわしてしまいました。

 

コローは、十回ちゃんと走りました。

 

こんどは、コローのかちです。

 

二人は、あしたも、あそぶやくそくをしました。

 

 

f:id:harrry_u:20170114214347p:image

 

 

 

 

 

おわり

 

 

 f:id:harrry_u:20170114214346p:image

 

 

 

 

ー  担任より -

二人はつぎは、何してあそぶのかな。毎日、楽しそうな二人だね。

 

 

ー 10年ちょい後のはる ー

コンとは。ひかるものさがしが私好み。 

3枚目の川に二匹が映っている姿が、はる母のお気に入りだそうです。

2年か3年生。

 

 

以上。まる。

総合の時間?でつくった短編小説

 

木の思い出 ( 作:どうぶつ村の住人 )

 

 

花も草も何もない土地に小さい声がひびいた。

 

「もう…だれもいなくなってしまったのかねぇ…」 

 

大きな木が、ささやいた。

 

「ここにいるよ」

 

小さな小さな石が大きな木に話しかけた。

 

「……」 

 

大きな木は少しだけだまり、しゃべりだした。

 

「これは五年前のことよ……。私はある夏に、同じ、ここにいたわ。その時ここは、もっときれいだったわ。草も生えていて、虫もいて…。今とは大ちがい」

 

小さな小さな石は、言いました。

 

「ぼく、想像できないよ」

 

「そうね。そして、そこで私は、夏を、虫の音を聞いてすごしていたの...。そうしたら、すぐに冬になったわ...」

 

小さな小さな石は、む中になって話を聞いていました。気づくと、小さな小さな石は、草や花が生えている、草原にいました。

 

「あれ。ここどこ?」

 

と、不安になりました。

 

「あれ?」

 

小さな小さな石が雪をつもらせた木を見つけたのです。

 

「……」

 

小さな小さな石は、言葉が出ません。ただボーゼンと木を見ているだけです。

 

よーく見ると、木はだれかと話していました。その話相手とは、なんと、自分にのっかっている雪でした。

 

「……?!」

 

小さな小さな石は、はっと思いました。

 

「それに…、あの木どっかで…。あー。大きな木さんだー。それにそれに、その大きな木さんが草原にいるってことは...もしかしてここは...。過去?!」

 

小さな小さな石は、びっくりして、大きな木の方へ走りました。

 

「ねぇ。大きな木さん」

 

小さな小さな石が声をかけると大きな木は、

 

「あなた、だぁれ?」

 

と、言いました。小さな小さな石は思いました。

 

「あっそうだ、ここは過去だから、ぼくとは、まだ会ってないんだ」

 

「どうしたの?」

 

と、大きな木が話してきたので、小さな小さな石は

 

「なんでもないです。すみませんでした」

 

と言って遠くへ行きました。小さな小さな石は、遠くから、大きな木の過去を見ることにしました。

 

「ぼく、木さんと会えて、話せてよかった」

 

と雪が木に言いました。いきなりのさよならの場面なので、小さな小さな石は、とまどいながら見ていました。

 

「まって、雪くん。私も、雪くんを弟のように、何でも話せたわ。ありがとう」

 

雪はにっこりとして、いなくなりました。大きな木は、泣きました。ずっと、ずうっと。

 

そして次の日、大きな木が泣いていました。

 

「どうしたの?」

 

と声がしました。大きな木が顔を上げると、そこには、なんと雲がおりてきていました。大きな木はびっくりしましたが、またすぐに泣きそうになりました。それで雲があわてて言いました。

 

「えっ。ぼく、何か悪いこと言った?」

 

大きな木はすぐに、くびをふりました。

 

「ちがうの。実はね、雪と会ってお話しをしてたの。気づいたら、もう時間がなかったの。それで雪くんがいなくなって、さびしくて、かなしくて...」

 

「大丈夫だよ」

 

大きな木はびっくりして雲を見ました。

 

「大丈夫だよ。...君は、ずっとここにいるの?」

 

雲が大きな木に話しかけました。大きな木はくびをたてにふりました。そうしたら、雲が言いました。

 

「じゃあ、そんなことでくよくよしてちゃだめだよ。これからもっとかなしいことだって、苦しいことだってあるんだよ。君がうごけないから」

 

大きな木は、少し時間をおいてから、言いました。

 

「そうだね。こんなことで、くよくよしてちゃだめだよね。ごめんなさい」

 

「そう。その調子」

 

こっそり、このことを見ていた小さな小さな石が気づくと、そこはもとの何もない土地でした。小さな小さな石が大きな木に話そうとして、やめました。大きな木が泣いていたからです。小さな石は大きな木のとなりにすわり、つぶやきました。

 

「これが最後のなみだだよ」

 

って。

 

 

 

 5年 はる

 

 

 

 

 

ー 担任より -

とてもよくかけています。会話がよい。

 

 

ー 10年後のはるより -

とても私好みのはなしです。恥ずかしいです。

 

 

以上。まる。