読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11月の行動プラン

真面目

こんにちは、はるです。

 

改めて自分の今後についてまとめたいと思ったので。

 

 

 

1.はるの理想像

 

魅力的な人

 

└"そばにいたい""もっと話をしたい""いろんな時間を共有したい"と思われるような、人間としての魅力を持ち合わせた人。

プライベートと仕事の垣根を越え、人対人として接したくなるような人。

何かに本気でチャレンジしようとした際に、共に闘ってほしいと声をかけてもらえるような人。

 

「仕方ないから、はるのそばにいてやるよ」

 

決して有能ではないけれど

人並みに落ち込むことも多いしけれど

割とわがままでひとりぼっちが苦手な女だけど

 

それでもいい と

そう言って、私を選んでほしい。

 

 

 

└そして、関わるすべての人に何かを与え続ける人

はるのために時間を割いてくれている多くの人のために、常に最高のGIFTを渡し続ける人。

いつもいつも、何ができるかを考え続けて、行動し続ける人。

 

君が一人で泣いた時に、そっとぬくもりを感じられるように。

不安がよぎった時に、がんばれって背中を押せるように。

 

いつ振り返っても大丈夫なように

支えになるように

そっと後ろに置いていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.半年後の理想像

 

「惜しい人を失った...」と言ってもらえるような人。

 

福島で現在・これから関わる人たちに、離れても連絡を取り続けたい、関わり続けたいと思ってもらえるような人。

そして、私自身もすべての人に向き合って、自分にできる貢献をすべて行い、後悔なくやりきった気持ちで胸張って福島を離れられる人。

 

 

 

 

 

 

3.身につけたい力とその理由

 

①エッセンシャル思考

└学校やバイト、研修先の課題など数多くのことを同時並行で行っているが、管理がうまくいっておらずキャパシティー以上の量を抱え込んでいる。

より少なく、しかしより良くをモットーに、抱えている課題を整理する。

 

→やるべきことが少なくなれば時間的ゆとりができるため、余裕のある人になれる。

余裕のある人の方が常に忙しそうな人よりもそばにおきたくなる。

 

 

②目的的に行動する力

└授業出席、バイトでの仕事など、その場にある仕事をこなす毎日をなっている。これは”what(何を)”するかはできていても、”how(どうやるか)”はできていない。

実施前に目的を整理し、そのためにwhatである仕事内容をいかに利用するかを考える習慣をつける。

 

→仕事内容は決められているが、取り組み方こそ自由にできる。

他人に寄り添った最高のGIFTへと変換させるために関わる機会のすべてにこだわる。

 

 

③様々な分野のつながりをつくる。

└今は地元の友人、学生同士、バイト仲間、内定者同期など、限られた人間関係でしか行動していない。幅広い層に対応できるように、出会いや新たな人と関わる機会があったら積極的に顔を出す。

 

→幅広い層に対応できるようになれば、様々な人にとって魅力的な存在なることができる。

より少しでも多くの人と関われるようにアンテナをはっておく。

 

 

 

 

 

 

 4.11月の目標

 

やることを整理する時間、やることの目的等を考える習慣づけをする。

そして、人と知り合える機会に対してアンテナを張る癖をつける。

 

  

 

 

5.達成計画(アクションプラン)

①土曜日と水曜日に、やることを整理する時間を1時間以上設ける。

└土曜日に日、月、火曜日の分を

  水曜日に木、金曜日の分を整理する。

 

 

②毎日の昼間に、やることの目的等を考える時間を1時間以上設ける。

└周りの人の良いところBOOK

  今後のやることを照らし合わせて個々の目的を考える。

 

 

バイト先で知り合うお客様、生徒たちと積極的に関わっていく。

 

 

 

 

 

まとまった!以上!まる(*‘ω‘ *)