読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016年の振り返り【7~9月編】

はるです。

 

7~9月編いきます...。長いお。

 

 

▼7月

 

 

 

 

今の会社の最終。相変わらず塗り替えと本音で試行錯誤。笑

 

 

 

 

無理してテンションあげてるやつwww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな気付きだった。

ただただ疲れ切っていて、過去の辛いこととかも思い出しちゃって苦しんでた時期。

でも、ごりごり考えてたら、ふと思い出したこと。

忘れちゃいけないことだった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

納得のいかない会社に出会ったとき。内定を出してくれないとかそういう話じゃなくて、そんな考えで教育をしないでほしいって心から思った。 そういうのは、教育じゃなくて調教っていうんだよ。

本当に、怒りと悲しみで壊れるかと思ったwww

NPOで感じたのと似てたから、たぶん、それだけ人材を気に入って期待していたんだ。理想的なものなんじゃないかって。だから、なんでそこで一歩道を踏み外しちゃうのかなあっていう悲しみが、耐えきれなかった。

 

と同時に、これだけ熱くなれるってことは

自分は教育で進んで正解だったなあって思った(笑)

(正解を選べたっていうんじゃなくて、失敗ではなかったなっていうやつ)

 

 

 

 

 

 

ちょっとずつ、元気取り戻してきた。

 

 

 

 

 

まじで、泣いた。

リプもらえたことには、本気で泣いた。相談も乗ってくれたしお祝いの言葉もくれて、ほんとフォロワーさん、いつもありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

自分、ストイックに頑張りすぎて真面目っちゃうこと多くて、しかも他人の顔色窺ったり自己犠牲に走ると遊ぶことを忘れてしまいますん。

気を付けますん。

 

 

 

 

 

 

 

人との距離感とか、そういうのを整理できるくらいには元気になってきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

完璧にネタになると思ってやってた。

ゲーム自体をやりたいとは、みじんも思ってなかった。今思えばね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと成長したやつ。

初めて大学の勉強と向き合ってみたよ。

 

 

 

 

卒業にむけた第一歩。

 

 

 

 

 

 

まとめ。

就活をやり終えた。けれど、休むということを知らないはる←は、

ネジの巻かれたロボットのように、何かをし続けなければ落ち着かなくって

徐々に元気を取り戻しながらも無理に笑って過ごしていました。そんな7月。

 

 

 

 

 

 

▼8月

 

 

 

はい。

無理してテンションあげてたぱてぃーん。笑

ぶっちゃけね、ぶっちゃけると

広島旅行も内定者研修も帰省も。

仕方ない感が否めなかったっす。笑

だからこその、テンションあげなきゃやってらんねー!ってやつ。笑

 

よくない癖だね(´・ω・`)笑

 

 

 

 

 

ほら、無理してるのばればれ。笑

 

 

 

 

 

 

 

この本に出合えたのは、大きかったなあ。

私の人生には唯一無二の恩人がいるのですが、彼から学んだことがこれでした。

私の人生のターニングポイント。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

普段ならしないツイート。

ネタのためだね。笑

 

 

 

 

無理して喜んでた。

他人の目から見ても喜ばしいことを選んでた。「良かったじゃん!」って言われることを基準にしてた。

だから、ツイートしながらも、自分自身は喜んでないっていうね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、素直に嬉しかった。

自分の夢を着々と叶えられる喜びといったら、もう。

 

 

 

 

 

まとめ。

集中講義以外は、やりたくてやっていることではなかった。

今だからこそ言える。妥協が目立つ夏休みだったから、無理してた。

とにかく他人からどう見られているかを意識していたな。

就活でがんばっていた姿勢を残したくって必死だった。

気の張り方、張る場所を間違えた8月でした。

 

 

 

 

 

 

▼9月

 

 

 

私が珍しくおこだったやつ。笑

クソみたいな学生とチーム組まされて、あれほど嫌だった時間は今年でないかもしれないね。笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最高の先生に出会えたとき。

 

 

 

 

 

 

 

 

出会ってくれてありがとう、と伝えたい。

私の人生の中でたった二人の恩師のうちの、片割れ。

こういう人を、待ってた。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ。

やることをこなす一カ月間だった。

集中講義は、その分の対価かって思えるほど、いや、それ以上に

私が学生を諦めずに続けてよかったと思えるほどに価値のあるものだったから

±プラスだった。

でも、大層な時間を無駄にした9月でした。