読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

総合の時間?でつくった短編小説

 

木の思い出 ( 作:どうぶつ村の住人 )

 

 

花も草も何もない土地に小さい声がひびいた。

 

「もう…だれもいなくなってしまったのかねぇ…」 

 

大きな木が、ささやいた。

 

「ここにいるよ」

 

小さな小さな石が大きな木に話しかけた。

 

「……」 

 

大きな木は少しだけだまり、しゃべりだした。

 

「これは五年前のことよ……。私はある夏に、同じ、ここにいたわ。その時ここは、もっときれいだったわ。草も生えていて、虫もいて…。今とは大ちがい」

 

小さな小さな石は、言いました。

 

「ぼく、想像できないよ」

 

「そうね。そして、そこで私は、夏を、虫の音を聞いてすごしていたの...。そうしたら、すぐに冬になったわ...」

 

小さな小さな石は、む中になって話を聞いていました。気づくと、小さな小さな石は、草や花が生えている、草原にいました。

 

「あれ。ここどこ?」

 

と、不安になりました。

 

「あれ?」

 

小さな小さな石が雪をつもらせた木を見つけたのです。

 

「……」

 

小さな小さな石は、言葉が出ません。ただボーゼンと木を見ているだけです。

 

よーく見ると、木はだれかと話していました。その話相手とは、なんと、自分にのっかっている雪でした。

 

「……?!」

 

小さな小さな石は、はっと思いました。

 

「それに…、あの木どっかで…。あー。大きな木さんだー。それにそれに、その大きな木さんが草原にいるってことは...もしかしてここは...。過去?!」

 

小さな小さな石は、びっくりして、大きな木の方へ走りました。

 

「ねぇ。大きな木さん」

 

小さな小さな石が声をかけると大きな木は、

 

「あなた、だぁれ?」

 

と、言いました。小さな小さな石は思いました。

 

「あっそうだ、ここは過去だから、ぼくとは、まだ会ってないんだ」

 

「どうしたの?」

 

と、大きな木が話してきたので、小さな小さな石は

 

「なんでもないです。すみませんでした」

 

と言って遠くへ行きました。小さな小さな石は、遠くから、大きな木の過去を見ることにしました。

 

「ぼく、木さんと会えて、話せてよかった」

 

と雪が木に言いました。いきなりのさよならの場面なので、小さな小さな石は、とまどいながら見ていました。

 

「まって、雪くん。私も、雪くんを弟のように、何でも話せたわ。ありがとう」

 

雪はにっこりとして、いなくなりました。大きな木は、泣きました。ずっと、ずうっと。

 

そして次の日、大きな木が泣いていました。

 

「どうしたの?」

 

と声がしました。大きな木が顔を上げると、そこには、なんと雲がおりてきていました。大きな木はびっくりしましたが、またすぐに泣きそうになりました。それで雲があわてて言いました。

 

「えっ。ぼく、何か悪いこと言った?」

 

大きな木はすぐに、くびをふりました。

 

「ちがうの。実はね、雪と会ってお話しをしてたの。気づいたら、もう時間がなかったの。それで雪くんがいなくなって、さびしくて、かなしくて...」

 

「大丈夫だよ」

 

大きな木はびっくりして雲を見ました。

 

「大丈夫だよ。...君は、ずっとここにいるの?」

 

雲が大きな木に話しかけました。大きな木はくびをたてにふりました。そうしたら、雲が言いました。

 

「じゃあ、そんなことでくよくよしてちゃだめだよ。これからもっとかなしいことだって、苦しいことだってあるんだよ。君がうごけないから」

 

大きな木は、少し時間をおいてから、言いました。

 

「そうだね。こんなことで、くよくよしてちゃだめだよね。ごめんなさい」

 

「そう。その調子」

 

こっそり、このことを見ていた小さな小さな石が気づくと、そこはもとの何もない土地でした。小さな小さな石が大きな木に話そうとして、やめました。大きな木が泣いていたからです。小さな石は大きな木のとなりにすわり、つぶやきました。

 

「これが最後のなみだだよ」

 

って。

 

 

 

 5年 はる

 

 

 

 

 

ー 担任より -

とてもよくかけています。会話がよい。

 

 

ー 10年後のはるより -

とても私好みのはなしです。恥ずかしいです。

 

 

以上。まる。